家計を圧迫するのは生活費だけにあらず

家計を圧迫するのは生活費だけにあらず

収入と食費などの生活費はあまり変わらないのに、生活が厳しくなった…そう感じる人もいるでしょう。
家計の収支を決めるのは、生活費だけではありません。生活費以外の住居費、教育費などが大きく影響します。

 

住居費といえば、住宅ローン。住宅ローンの支払い額が家計の大部分を占め、今までどおりの生活費を捻出できなくなることもあります。ボーナス返済も利用している場合、生活費の不足分をボーナスから補てんするのも難しいでしょう。住宅ローンの負担を減らすため、借り替えローンや繰り上げ返済を活用するのも方法の1つ。その際、銀行で生活費にも使えるフリーローンやカードローンの相談をしてはどうでしょうか。もう1つ、子育て家庭を直撃するのが教育費です。
教育費の負担が重くなるのは、子どもが中学生から大学生になる期間。兄弟の受験が重なると、受験料だけでも大変な出費になります。こちらには、教育ローンや奨学金という方法があります。住宅ローンと教育費のダブルパンチ!…もちろん、そんなご家庭も多いでしょう。
あらゆる裏ワザを駆使しても立ちふさがるピンチには、借入という選択肢もアリかもしれません。必要なお金は、年齢や家族構成とともに変化します。柔軟な対応が、やりくり上手の条件です。