無利息、低金利の公的融資を知っていますか?

無利息、低金利の公的融資を知っていますか?

生活費に困って借入をするなら、何といっても返しやすさを重視する必要があります。軽い気持ちで生活費を借り入れたのをきっかけに、債務が膨らむケースは少なくありません。返しやすさを考える時、検討に加えたいのが公的融資です。行政など公的機関が行う融資の金利は、無利子〜2.5%程度に抑えられています。低金利が返しやすさの最重要ポイントです。主な公的融資は、次のとおりです。
・生活福祉資金貸付制度:社会福祉協議会が窓口で保証人が要れば無利子、いなければ金利1.5%で融資を受けられます。貸付限度額は単身世帯で月15万円以内、2人以上で月20万円以内。最長で12か月間借りられます。
・年金担保貸付制度:窓口になっている金融機関を通じ、独立行政法人医療福祉機構に申請して受ける融資です。10万円から250万円の範囲、1万円単位で借入可能です。融資限度額は、1年で受給する年金額の1.2倍まで。年金生活で急に大きな金額が必要になった時に便利な制度です。

 

上記でご紹介した公的融資には、さまざまな条件が付けられています。また「ちょっと困った」程度では融資がおりない場合がほとんどです。生活費の穴埋めとして考えるなら、できるだけ低金利の民間融資が現実的でしょう。