意外な盲点!ATM手数料

意外な盲点!ATM手数料

最近では、ほとんどのローンでATMを利用した借入・返済が可能になっています。
提携ATMが多く、コンビニATMも使えるローンなら急な入用にも対応できます。返済のタイミングも逃さずに済むのではないでしょうか。
このように、ATMを利用できるローンにはメリットがたくさんありますが、注意点も忘れてはいけません。
それは、ATM手数料です。たとえば月末に急な出費があり、1.5%の金利で10万円の融資を受けたとします。2日後に給料が振り込まれたとして、すぐに返済すれば利息はわずか82円で済みます。ところがATMの手数料が105円かかるとしたら…。合計で187円。利息よりATM手数料の方が高いですね。さらに借入も手数料がかかるATMで行った場合は、合計292円になります。
何度も借入・返済が可能なカードローンでは、ATM手数料も侮れません。「10日間無利息」など短期間の融資が無利子で受けられるローンでは、利息は発生しないのにATM手数料は取られることになり、無利息のメリットが減じてしまします。

 

ATM手数料に着目して選ぶなら、「ATM手数料無料」のローンはいかがでしょうか。オリックス銀行では、三井水とも銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行などのATM手数料が無料です。三菱東京UFJ銀行のバンクイックのように、全てのATM手数料が無料になる場合もあります。ATM利用時間によっても手数料が異なるので、細かい点までチェックしてください。