最終手段!債務整理

最終手段!債務整理

避けたい事態ですが、どうしてもローンを返済しきれなくなってしまうこともあります。
そんな時の最終手段が、債務整理です。債務整理には自己破産、特定調停、弁護士による任意整理、民事再生などのパターンがあります。

 

最も多く行われるのが、任意整理です。
債権者と話し合い、債務額などを見直してもらいます。利息額も再計算されるので、債務残高が減る場合がほとんどです。返済は必要ですが、月々の負担は軽くなるでしょう。どうしても返済能力が無い、あまりに債務が大きい場合には自己破産になります。支払い不能を裁判所に申し出ることで、免責を受けます。つまり、借金を免除してもらう方法です。この場合、融資をしている業者からすれば「貸したお金を諦めなくてはならない」ことになり、たいへんな損害になります。
自己破産を申請しても、資産があるなら換金して返済に充てる必要があります。ギャンブルなどによる借金など、事情によっては自己破産が不可能なケースもあります。自己破産をすると特定の仕事には就けず、社会生活上さまざまな制限を受けます。

 

他の債務整理でも、信用情報に影響があります。ブラックリストに載り、少なくとも5年間は新たなローンの利用が難しくなります。このような事態を回避するには、無理なく返済できる範囲の融資を受けるよう心がけるしかありません。